地震による火災対策|自動でブレーカーを落とすアダプター

感震ブレーカーアダプターが今注目されています

Mr.サンデーなんかでも、
地震時の通電火災対策のグッズとして紹介されていました。

阪神・淡路や東日本大震災などの大規模災害時に、
地震による直接被害はもちろんなんですが、
その時の火災による被害も尋常ならざるものでした。


地震火災は、地震発生時に直接起こるものもありますが、
気になるのは、通電火災とよばれるものです。

通電火災って、いったいなんなんだ?
と思われる人も多いと思いますが、
読んで時のごとく、地震発生時に一時的に停電してしまった後、
通電したときの起こってしまう火災なんですね。


特に冬場の時期におこってしまう大規模震災時には、
気にしておかないといけないです。

地震が起こった後、しばらくして避難所へ向かうこともあると思いますが、
その時に重要なのが、ブレーカーを落としておくこと!なんですね。

なぜか?それは地震によって転がってしまった電気ストープなんかに、
衣類などがかぶさっている可能性があります。

地震時には、停電状態になっているため気づきにくいですが、
この状態で避難後に、通電が開始されるとどうなると思いますか?
言わずもがな・・ですよね。


地震被害を拡大させないためにも重要なのが、
何度も言いますが、ブレーカーなんですね。

そこで、地震火災対策として有効なのが、
自動でブレーカーを落としてくれる装置です。

それがリンテック21 感震ブレーカーアダプター(ヤモリ)GVSB1です。


取り付けはとっても簡単で、
ブレーカーのスイッチに引っ掛けて、あとはペタッと貼るだけです。
これだけで、地震による火災被害を防ぐことができます。

関東直下型地震や東海地震が起こると言われている昨今、
地震時に自動でブレーカーを落とすアダプターは、
各家庭の必需品としておきたいところですね。


楽天で感震ブレーカーアダプターを探す


フィード