化粧品 肌荒れ 原因

肌荒れの原因の一つに、化粧品があげられます。全ての化粧品がダメだということではないですが、含まれる成分や、使い方によっては肌荒れを引き起こす原因にもなるため注意が必要です。

 

サイトトップ > 肌荒れの原因 > 化粧品も肌荒れの原因の一つです

化粧品による肌荒れ

肌荒れの原因とされているものには、化粧品もありますが、全ての化粧品が悪いと言うわけではありませんので、注意して下さい。

では肌荒れと化粧品についての関係をみてみましょう。

メイクによる肌荒れ

女性の方であれば、たいてい毎日のように、洗顔をしたりメイクをしたり、そしてメイク落としをしたりするかと思います。

これら日常的に行なっているいわゆるメイクの作業が、肌荒れの原因とされているのはなぜでしょうか。

化粧品、特に洗顔料やメイク落としなどには、石油を原料としている合成界面活性剤が含まれているのです。

この界面活性剤は、脂汚れなどを分解するため汚れを落とすために使われています。

実はこの界面活性剤が、肌荒れを生むものとされています。

汚れを落とす能力は高いのですが、反面、お肌(皮膚)に刺激を与えすぎてしまうのです。

その能力ゆえ、皮膚のバリア機能でもある皮脂を過度に落としてしまうことになります。

ですから、肌荒れの原因とされ、しみ、しわなどから、乾燥肌などの原因として、化粧品が取り上げられてしまうと言うわけです。

肌荒れ対策には正しい化粧品の使い方を学ぶ

肌荒れの原因ともなる化粧品ですが、使い方を誤らず、また、自分にあった化粧品を使う事が肌荒れ対策となります。

雑誌の評判や、口コミなどから、コレが良いと書いてあるからといって、あなたの肌に合うとは限らないわけです。

お肌の弱い方は特に注意して化粧品を選択して下さい。

初めての化粧品を買う場合には、一度お店のスタッフに聞いてみることをオススメします。

専門知識を持った方であれば、その特徴から、使い方までを丁寧に教えてくれます。

肌荒れには、肌に合うと言う事と、誤った使い方をしないと言う事に注意してから、化粧品を使うようにして下さい。

肌荒れの原因 一覧