肌荒れ 乾燥 原因

肌荒れの一番の原因は、やはり乾燥にあります。乾燥肌という方も、そうでない方も、肌の乾燥には十分に気を使っておく必要があります。

 

サイトトップ > 肌荒れの原因 > 肌荒れの原因は乾燥にあり

肌荒れの原因は乾燥にあり

肌荒れの原因としてあげられるもので、やはり一番に思いつくのは乾燥ですし、実際に肌の乾燥が、肌荒れの主たる原因となっています。

冬場など、空気が乾いているということもありますが、冬場だけでなく、年間を通して悩みを抱えている方もいらっしゃいますよね。

また、季節の変わり目などにも、肌荒れが酷くなる方もいらっしゃるようです。

乾燥肌になる原因

では、肌荒れの原因としてあげられる乾燥肌とは一体どういった肌状態になっているのでしょうか。

乾燥は皮膚の角質層を保護しているといわれている皮脂の分泌が衰える事で引き起こされています。

皮脂膜には、水分の蒸発を抑えて保湿する効果がありますから、これが衰えてしまえば、お肌が乾燥し肌荒れの原因となるのはあきらかです。

つまり、「皮脂膜が衰える→角質層が衰える→乾燥肌に→肌荒れ」という式が成り立ちます。

加齢による乾燥

肌荒れの原因である乾燥(水分量の低下)は、加齢によっても引き起こされてしまいます。

20代中頃の年代で、まだまだお肌はピチピチとしているから、私は大丈夫と思っているあなた、今から肌の保湿に気を使っていたほうが良いですよ。

お肌の新陳代謝の衰えは、個人差はあるにせよ必ずやってきますから。

肌荒れや乾燥とは無縁と思わずに日頃のスキンケアには気を使って下さい。

加湿器などで保湿を

冬場の乾燥から起こる肌荒れは、大気中の湿気の問題もありますが、エアコンなどによる乾燥によるものもあります。

ですから、乾燥からお肌を守るためには、加湿器などでお部屋の水分量を調節して、肌荒れから身を守って下さい。

肌荒れの原因 一覧