洗顔 肌荒れ 原因

洗顔が実は肌荒れの原因にもなることがあります。間違った洗顔方法では、せっかくのスキンケアが逆効果にもなりますから、正しい洗顔で肌荒れを防ぎましょう。

 

サイトトップ > 肌荒れの原因 > 洗顔が肌荒れの原因にもなります"

洗顔が肌荒れの原因に

洗顔は毎日のこと、しかし、その洗顔が肌荒れに結びついている場合があることをご存知でしょうか。

洗顔が肌荒れの原因になるなんて、とってもこわいことですよね。

毎日お肌のためにやっていることが実は逆効果になりえるなんて・・洗顔はスキンケアをするうえでの基本ですから、正しい洗顔方法をみにつけて、洗顔する事で肌が荒れてしまったなんてことのないように気をつけましょう。

洗顔時には擦りすぎないこと

洗顔で肌が荒れてしまう原因として考えられる事として、こすりすぎがあります。

顔をこすることが洗顔だと思っている人は要注意ですよ。

顔の皮膚も含めて、皮膚はこするということには、とても弱いものなんです。

腕などをひっかくと赤くなることがありますよね?ひっかくまではいかなくとも、こすりすぎると顔の皮膚が赤くはれ上がってしまったり、カサカサ肌の原因となり、肌荒れを引き起こすのです。

実際に洗顔をするとき、脂の多いとやき、オイリー肌のかた、にきびができてしまっている場合などは、特にこすってしまいがちですが、これがお肌にとってはよくないことなのです。

洗顔の目的は汚れを落とす事にあります。

しかし、汚れを落とす際に、必要以上の脂分をこすり落としてしまうと、皮膚とガードする役割である脂分がなくなり、お肌にダメージを与えてしまう結果となるので注意してください。

正しい洗顔方法

正しい洗顔の方法とは、サッと洗ってサッと流す、これだけでいいのです。

長時間、お肌を洗顔料につけていると、刺激の強い洗顔料ですとお肌にダメージを与える事にもなりかねません。

そうなると本末転倒といえますね。

洗顔料の泡が、顔のお肌についた汚れを十分に浮かせてくれますから、サッと泡で顔をなでるくらいに洗い、長時間洗顔料に顔の皮膚をつけないように「サッと流す」、これが正しい洗顔だと言えるでしょう。

肌荒れの原因 一覧