肌荒れ 生活習慣

肌荒れの原因には生活習慣によるものもありますが、これはなかなか厄介なことです。化粧品だけでは解消できない肌荒れは、やはり生活習慣の見直しも必要となります。

 

サイトトップ > 肌荒れの原因 > 生活習慣からくる肌荒れ

肌荒れは生活習慣も原因です

肌荒れには原因となっている生活習慣も存在しますので、生活習慣を改善する事で肌荒れの改善につながる場合もあります。

肌荒れには、いったいどういった生活習慣が原因となっているのでしょう?

毎日のことですから、ちょっとした改善で肌荒れを解消できるならば、それに越した事はないですよね。

では、肌荒れの原因となる生活習慣を考えて見ましょう。

肌荒れは睡眠不足が原因

毎日とる睡眠は、人間にとって、とても重要なことであり、睡眠は、あなたのお肌の状態に物凄く影響を与えているのです。

数日間寝不足が続いていると、顔色が悪くなってきたりしますよね。

顔色が悪いということは、お肌の状態がよくないということですし、寝不足ではホルモンバランスなども崩れたりしますので、あの嫌なにきびの原因ともなってきます。

では、肌荒れにならないためには、沢山の睡眠をとればいいのかというとそうではありません。

しかし、肌荒れ改善のためにも、最低6時間の睡眠は確保しておきたいところです。

肌細胞というものは、人が寝ている間に生まれ変わってくるのです。

ですから、肌荒れを解消するのは寝ている間であるともいえます。

また、その肌の再生のための時間が、6~8時間かかると言われているため、肌荒れ解消のためには、最低6時間の睡眠が必要とされるわけです。

睡眠を見直そう

肌荒れの原因を解消するための睡眠として、睡眠時間以外に考慮する事としてもう一つあります。

それは、睡眠する時間帯です。

お肌の新陳代謝は寝ている間に起こりますが、それがもっとも活発になってくる時間帯が、22時~2時といわれています。

ですから、肌荒れ対策、にきび予防をするためには、この時間帯に睡眠をとるとよいでしょう。

肌荒れの原因 一覧