肌荒れ ストレス

ストレスからくる肌荒れ、解消するにはストレスをためないこと。ですがこれが難しいことでもありますね。ストレスによる免疫力の低下が肌荒れの原因ともなるので、なるべくストレスはた溜めないように心がけたいですね。

 

サイトトップ > 肌荒れの原因 > ストレスからくる肌荒れ

肌荒れを引き起こすストレス

肌荒れの主な原因となるものにはストレスもあります。

現代社会の病気ともいえるこのストレスによって、肌が荒れてしまうのですから、原因を解消することは少々やっかいなことでもあります。

ストレスとは

そもそも、ストレスとはいったい何なのでしょうか?肌荒れの原因となっているストレスは主に3つの要素に分かれています。

  • 精神的要因。ストレスの精神的要因としては、不安や、悲しみ、極度の緊張などから来るものがあります。
  • 社会的要因。この要因としては、職場環境や家庭環境、校内環境などがあげられますね。
  • 環境的要因。これには、騒音や光、暑さや寒さなどがあります。

これら3つの要因のなかで、不快に感じるものは人や環境によって変わると思いますが、現代社会を生きている皆さんはこれらのどれかで、ストレスと感じているのではないでしょうか。

こういった不快な状況が連続して長期にわたり続く事でストレス病となるのです。

肌荒れとストレスの関係

ストレスが肌荒れ、いったいどんな風にかかわっているのでしょうか?

ストレスが肌荒れの原因とされているのは、お肌は体の中で生成されているホルモンや神経の影響を強く受けるためです。

ですから、過度のストレスによって、精神バランスが崩れがちになりますと、ホルモンバランスが悪くなってしまいます。

ホルモンバランスが悪くなる事によって、影響を受けやすいお肌に、肌荒れが生じてしまうというわけです。

また、ストレスは交感神経にも作用し、免疫力の低下を招いてしまいます。

免疫力の低下によって、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行なわれなくなり、正常な皮膚の再生を阻害するため、肌荒れを起こしてしまうのです。

肌荒れの原因 一覧